油・溶剤に強い紙

「油・溶剤に強い紙」にできること

油脂・溶剤を含んでも、紙に著しい強度の低下はありません。当社が考える「油・溶剤に強い紙」とは、油脂の浸透を遅らせる、または防止する能力がある紙のこと。
紙に耐油・耐溶剤性能を付与することにより、油・溶剤が使用される場面で、紙の持つ特性を活かした包装材料、工程紙等の展開が可能になります。

油、溶剤に強い紙

油・溶剤に強くする方法

油・溶剤に強い紙をつくる基本的な方法には、以下の4つが挙げられます。

  • パルプ繊維自体を化学的あるいは機械的に処理する
  • フッ素系耐油剤を付与する
  • フィルム形成能の高い樹脂を紙に塗工・含浸する
  • 紙表面にフィルムをラミネートする

「油・溶剤に強い紙」の使用用途

  • 油を含む食品の包装材料
  • ケーキ、クッキー等の敷き紙
  • 油を含む機械の包装紙
  • 油性マジックで書いても裏面に浸みない紙

当社は、NF耐油紙をはじめ、さまざまな油・溶剤に強い紙をご提案いたします。

よくあるご質問

機能紙のことや開発について、
よくあるご質問をまとめています。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください。

03-3273-8512

サンプル・資料請求

各機能紙のサンプルや、
資料をお届けします。

特種東海製紙のつよみ

私たちには自信があります。
「開発・製品化に適した環境」「高い技術力・豊富な経験」「高品質」という 強みを持っている、私たちだからできることがあります。

このページの先頭へ戻る