くっつく紙

「くっつく紙」にできること

一般的な紙が、乾燥状態でくっつくことはほぼありません。特殊な糊を塗布して粘着性を付与することで、圧力や、熱により、紙、木、プラスチック、金属など、さまざまな素材の面上に紙をくっつけることができるようになります。

くっつく紙

くっつける方法

熱接着性(ヒートシール性)や感圧性をもつ特殊な糊を、塗工機などの加工機で紙表面上に塗布することで、熱や圧力により、紙・木・プラスチック・金属などの面上に着く紙を製造することができます。

当社には、熱による接着、圧力による接着など、用途に応じてさまざまな対応ができる、特殊なくっつく紙を開発するノウハウがあります。

よくあるご質問

機能紙のことや開発について、
よくあるご質問をまとめています。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください。

03-3273-8512

サンプル・資料請求

各機能紙のサンプルや、
資料をお届けします。

特種東海製紙のつよみ

私たちには自信があります。
「開発・製品化に適した環境」「高い技術力・豊富な経験」「高品質」という 強みを持っている、私たちだからできることがあります。

このページの先頭へ戻る