酸から護る紙(薬品に強い紙)

「酸から護る紙」にできること

一般的な紙には、硫酸バンドという薬品が使われています。紙が約100年しかもたないのは、この薬品が強い酸性であるため。中性に保った紙(中性紙)や、酸に対する緩衝材を加えた紙ならば、硫酸バンドに含まれる硫酸イオンがセルロース繊維を分解しないので、酸性紙よりも長期保存することができます。強い酸性物質が発生する状況から対象物を護れば、酸に対するさまざまな課題を解決することができます。

酸から護る紙

酸から護る方法

製造の際、紙を劣化させる要因となる成分を添加・混入させない必要があります。この他に、紙を中性から弱アルカリ性に調整する、アルカリバッファ(酸に対する緩衝剤)を加えるケースも。原材料の選択も重要な要素となります。防カビ処理を施し、純粋な材料を使い劣化防止させる方法もあります。

「酸から護る紙」の例

  • 書類、絵画等の保存箱等

よくあるご質問

機能紙のことや開発について、
よくあるご質問をまとめています。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください。

03-3273-8512

サンプル・資料請求

各機能紙のサンプルや、
資料をお届けします。

特種東海製紙のつよみ

私たちには自信があります。
「開発・製品化に適した環境」「高い技術力・豊富な経験」「高品質」という 強みを持っている、私たちだからできることがあります。

このページの先頭へ戻る