漏洩を防ぐ紙

「漏洩を防ぐ紙」にできること

個人情報などの機密情報を管理・郵送する場合、情報の漏洩を防ぐには、文字が絶対透けないという紙の不透明性と、一度開封するか剥がせば、その後は接着できないという技術が必須です。親展ハガキや親展用のラベル用紙では、こうした技術により、親展性が護られています。

漏洩を防ぐ紙

漏洩を防ぐ方法

情報の漏洩を防ぐには、透かしても見えない、親展性の保持のため一度剥がしたら二度と接着できない、剥がすときに印字が剥がれない等の条件をクリアする必要があります。
透かしても見えないようにするには、紙そのものの不透明性を高くする方法、遮蔽層を付与する方法があります。一度剥がしたら二度と接着できないようにするには、接着剤や、層の構成を工夫する方法が有効です。

よくあるご質問

機能紙のことや開発について、
よくあるご質問をまとめています。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください。

03-3273-8512

サンプル・資料請求

各機能紙のサンプルや、
資料をお届けします。

特種東海製紙のつよみ

私たちには自信があります。
「開発・製品化に適した環境」「高い技術力・豊富な経験」「高品質」という 強みを持っている、私たちだからできることがあります。

このページの先頭へ戻る