光を遮る紙

「光を遮る紙」にできること

一般的な紙でもある程度は光を遮りますが、用途によっては遮る度合いが不十分です。さらに高い遮光性能を付与する(光を遮る能力・性能を強化する)ことにより、光を嫌う写真フィルムの包装、光による乳製品の品質劣化の防止など、光に関するさまざまな課題を解決することができます。

光を遮る紙

光を遮る方法

紙に遮光性(光を遮る能力・性能)を付与するには、以下のような方法があります。

  • 原料の処理によって微細な穴(ピンホール)を無くす
  • 特殊な原料を使用することで光の透過を抑える
  • 遮光性能を持った層を紙に付与する

代表的な「光を遮る紙」

製品例1.遮光紙

原料の処理によって微細な穴(ピンホール)を無くしたり、特殊な原料を使用することで光の透過を極限まで抑えた紙。

製品例2.遮光ラベル

ヨーグルト等の乳製品は、光によって劣化し、保存期間が短くなってしまいます。ラベル用紙に不透明性を付与すると、対象物の性能劣化を防ぐことができます。

製品例3.トランプ用紙

光が透過すると、絵柄が裏から透けてしまいます。紙を多層構造にし、間に不透明性の高い物質(カーボン、アルミ箔等)を付与することで、高い不透明性が得られます。

当社は、この他にも、さまざまな光を遮る紙を開発しました。お客様のご要望に合わせて、光を遮るさまざまな紙をご提案いたします。

よくあるご質問

機能紙のことや開発について、
よくあるご質問をまとめています。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください。

03-3273-8512

サンプル・資料請求

各機能紙のサンプルや、
資料をお届けします。

特種東海製紙のつよみ

私たちには自信があります。
「開発・製品化に適した環境」「高い技術力・豊富な経験」「高品質」という 強みを持っている、私たちだからできることがあります。

このページの先頭へ戻る