保護紙

「保護紙」とは?

保護紙とは、文化財や資料の保護や、封筒・箱などの保存用品の部材に使用される用紙のこと。図書館・博物館・美術館・資料館に収蔵された貴重な図書や文書、高価な絵画、記録写真、マイクロフィルムなどを、劣化の原因である光、ホコリ、大気汚染物質、急激に変化する温湿度、不注意な取扱いから保護します。
当社の保護紙は、厳密な工程管理で安定した品質を保持しています。資料を周囲の酸性成分からブロックする機能、保存に最適な温湿度を保持する調湿機能など、用途に合わせてさまざまな性能を付与することができます。薄葉紙、額装用マット紙、バリアーペーパーなど、さまざまな種類の保護紙があります。

特種東海製紙の「保護紙」の種類

種類1.「薄く、強く、柔らかく」を特長とした薄葉紙

繊維の流れに方向性がある、タテ方向の引っ張りに強い紙。漆器など、表面がデリケートな工芸品を傷つけずに包む保護紙として、美術工芸品などの立体的な作品に最適です。

SILティッシュN

種類2.作品をまもる安全な額装用マット紙

コットンパルプを50%以上使用することにより、ぬくもり・柔らかさ・弾力性を持たせています。作品の長期保存や、アルカリに弱い写真などの額装にも使えるよう配慮しました。
耐久性にも優れ、光による変色が少なく、長期間、酸やアルカリに耐えることができます。

ピュアマット

種類3.強い酸性物質から作品を保護するバリアーペーパー

額縁の裏側に使われる合板からは、強い酸性物質が発生します。これらの酸に対する緩衝材として、アルカリを含ませた保護紙です。

AFプロテクト

種類4.一定空間の相対湿度を調整する紙

紙の中に粉体にした調湿材を抄き込んだ中性紙です。粉体にして紙中に分散しているため、単体よりも表面積が大きくなり、吸放湿の量や速度が上がります。
外気温が変動すると、庫内や容器内の相対湿度は変化します。紙資料は水分の吸放出を繰り返して劣化が起こりますが、調湿紙は紙資料よりも素早く吸放湿し、相対湿度を安定させます。

SHCペーパー

よくあるご質問

機能紙のことや開発について、
よくあるご質問をまとめています。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください。

03-3273-8512

サンプル・資料請求

各機能紙のサンプルや、
資料をお届けします。

特種東海製紙のつよみ

私たちには自信があります。
「開発・製品化に適した環境」「高い技術力・豊富な経験」「高品質」という 強みを持っている、私たちだからできることがあります。

このページの先頭へ戻る