パンク

主に塗工紙で起こる現象で、紙中の水分によって引き起こされる表面の異常。紙は塗工時に塗料を乾かすため加熱されるが、紙内部の水分が適切に外気に出られないと、塗工面に異常が発生する。塗工面が膨れた状態になるため、こう呼ばれる。

関連情報

製品紹介

このページの先頭へ戻る